放課後「子ども食堂」「学習支援の新町寺子屋」及び「放課後子ども教室」を創るNPO。

トップページ→

あまたまとは

木村理事長 あまたまの呼称

 木村理事長からのメッセージ

 NPO法人「アマフェッショナルTAMA」通称「あまたま」は地域社会において働く意欲と能力を持ちながらも働く機会に恵まれない主婦・高齢者・障害のある方々の就労を支援し、地域のコミュニティ課題の改善そしてその解決を目指していこうとの思いで2008年2月に発足しました。
 私の長男は生まれつきの重度の障害児でした、今は周囲に囲まれてこの40数年の間いろいろな方たちの献身的な介護で元気に過ごしています。このような思いの中で私たちが出来ること、それは「社会で立場の弱いといわれる方たちがコミュニテイ活動の場を通じて自立してゆくこと」これこそ今、必要とされている課題ではないでしょうか。

私たち活動のモットーは下記の通りです。

  • 主婦の方は、グループの中でその"グループ力"を生かして
    仕事をします。
     
  • 高齢者の方は、自分の培った技術、経験、人脈を生かして
    仕事を創造し実行します。
     
  • 障害のある方は、適切な業種のなかで、技術力を発揮して
    確実な仕事をします。

  •  
  • 子ども食堂新町寺小屋
    放課後子どもの居場所をNPOが創る
    子ども食堂
    ●学習支援の新町寺小屋

そして総合力として、新しい分野にも積極的に挑戦できるような仕組みを創り、会員の方がいつまでも
いきいきと元気に胸を張って社会貢献のできることをモットーにしよう、これが「あまたま」の志です。

 

 

▲ページTOPへ